査定士とは名ばかり?相場優先の価格に

査定士は国家資格だけど査定人により加減点ポイントに開きが出る

なんでも鑑定団ていうTV番組がありますが、
鑑定人により価格は大きく変わると思いませんか?
市場調査

 

実は中古車の査定をする人は国家資格を持っているはずですが、
車の査定自体が人の感覚的な加減点部分があるので同じ車両を
査定しても数万円の開きが出ることは極当たり前のようにありますね

 

ややもすると同じ人が別の日に査定したら価格が変わってしまうことだって起こり得る
私の周りではかなりいい加減といえばいい加減でした

 

数日の間に何処かぶつけたりすれば当然大幅減額になりますがそう変わるはずはない
基本査定資格を持っている人は査定価格の誤差がなくなるように
毎年講習など受けたりしていますが実際の査定業務は市場の相場価格や
販売実績などが大きく影響してしまうのが現実のようです。

 

最近はネット情報で年式は古くても売れやすい人気の車とかマニアックな車で高く売れるとか
海外輸出向けの車で外国人バイヤーが高く買っていく車の情報などもある為
基本になる価格で査定しても全部他社に持っていかれる可能性もあるので
状況に合った価格を出さないと勝負にならないみたいです

 

査定士の仕事でもっともミスが許されないのは事故とか大きな故障がないかのチェック、
事故歴などの見落としをすると大損に直結していまうので査定員の人から事故の有無・現在の不具合個所など尋ねられることがあると思いますが、
この時嘘をつくと後で瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を追及され
責任を負わされる場合がありますので逆に正直にはなし
「後でもめ事は嫌ですからキッチリ見てください」と逃れられるようにしておきましょう。
トラブル

 

相続とか企業の倒産とかで車の査定が必要になった時には
国の査定機関で一般財団法人日本自動車査定協会に依頼しますが
市場の相場は関係なく細かく査定するのでかなり安いですこの人が査定した価格では安く過ぎて
ほぼ買取も出来ませんね  チョー厳しい

 

遺産とか査定価格でトラブルになった時はお願いするといいのは
査定価格が安いので相続税が安く済むんですよね
協議の上車を買い取る場合にはここの査定士にお願いするのがいいかもね

 

 

愛車を高く査定してくれる人を見つけるなら無料で簡単一括査定のズバットだね