査定価格が10万以上も開く訳は何処にあるのか?

買取業者や販売店の基本価格には驚きの違いがあった

買取業者が今時ほど多くなかったときは、
下取り査定基準のような基本価格表が各メーカー独自にありそれをもとに
外装の減点や走行の加減点その他細かくチェックし査定価格が計算されていた

 

現在、トヨタの査定シュミレーション
概算査定価格が出せる下取り参考情報だったり

 

日産の下取り参考価格シミュレーションなど購入検討のために役立ててもらおうと
サポート的に査定価格が解るサイトもありますが
実際の下取り価格や買取業者が最終的に提示する買取価格とは
かなり開きが出る場合も多いはずです。

 

 

一括査定などで1個人の情報が流れると他社と競合になるのは当たり前なので、
昔みたいに基準査定価格で契約できることはなくなっているのです
市場調査

 

何処の販売店も基本価格など存在がなくなり
瞬時にわかるオークション相場やオークション落札予測価格
市場流通価格や適正小売価格などネット上で車の情報を
参考にしているケースが非常に多いようです

 

 

日本自動車査定協会が出している中古車価格ガイドブックや
日本自動車情報サービスが運営しサポートしているガイドブック
【ナイスBOOK】などを参考にしている業者もあるようですが
基本的にルール化などなく各社独自で基本価格を決めているのが現状のようです。
査定基準ナイスブック

 

全国店舗展開しているお店はユーザーの要望に近い車であれば
数日限定で高額買取条件など提示するケースもあるようで
当然他社より数万円高い価格でもすぐに販売できるため
無駄なく収益をあげれるのだから納得出来ますね。

 

即売できるような車なら査定あまり関係なく利益が出る価格で買い取っちゃうのかもしれませんよ。

 

中古車の査定の基準・考え方が違う!記事一覧

ネットで書かれている車査定の間違った情報にだまされてはダメ

車を実際に販売していた経験者から言うと何でこんな情報が書かれているのか不思議でならないおそらくネットの情報を集め自分の考えをプラスして書いているに違いない車の査定はプロが査定しているはずだから「どこへ行っても基本的には同じ」なんて書かれているところもある自分の経験から言うと同じ会社の同じ基本的な考え...

≫続きを読む