買取業者の査定アップする基準はなにか?

高くても買い取りたい車と安くなければいらな車

差益 利益

ポイント7買取業者が高くても買い取りたい条件

 

販売店や買取業者は車が欲しいからといって査定依頼があれば
ドンドン競争する訳はなく儲かる車だから資金を投じ
儲からないかも知れない車は積極的に買いません

 

 

 

高く買い取っても儲かる車の条件
・販売先が決まっている車
・人気車で展示すれば即日販売が見込める車
・右から左横流し出来る内外装とも綺麗な車
・高年式車で旧モデルになっていない車
・車検が長期間残っていて販売しやすい車

 

安ければ買い取る車の条件
・人気のない車 オークションに出せば損は免れる価格でしか買わない
・多走行車 2か月以上在庫になりやすいので安くしか買わないもしくは買わない)
・事故車 事故の程度によりますが長期間在庫となりやすいので買いづらい
・11年以上たっている車 買い手が付きにくいので安い価格でしか買わない
・修理を加えないと商品化が難しいほどあれている車両状態の悪い車

 

販売店からするとユーザーに販売する時デメリットとなるような車は欲しくない
でも安ければ十分利益を獲得できるのでその見極めが難しい
判断する項目は  ・年式・走行距離・事故歴車 修復歴車・カラー・車種の人気など

 

高く買い取りするといってもしょうばいなので市場流通価格を上回ることは無く
あくまでも利益が確保が見込める価格でしか買わないということです


高く評価されるうちに売りたい!評価が分かれる分岐点は?

車種や年式・人気・需要その他すべてが違うので参考として見て欲しいと思います

 

☆年式
年式だけで評価が分かれることがあるのは輸出される車です
低年式でも車の状態がよければ商品価値としては有りオークション相場も高く
小売りでも進めやすいので車次第ということになりますが
車歴11年以上になると厳しくなりますね
輸出で引き合いがある車は年式が重要となり期間が外れると
大幅に査定ダウンします輸出国の規制や関税の関係で変わるのです

 

逆にいうと多少の事故歴や多走行車両であっても輸出する時に分解して部品として輸出するケースもあるので輸出される車は車両状態よりも年式や型式が重要になります。
対象車種・対象年式は絶えず変わるので専門業者に査定してもらえるよう一括査定など試された方がいいでしょう

 

輸出に強い車 
トヨタ車系 トラック系 ジープ型 4WD系など

 

☆走行距離
走行距離は少ないほうがいいのは当然ですが
高年式(車歴3年まで)の場合は年間走行2万キロが限界みたいで、
車歴3年以降は年間1万キロ以内だと買取価格が上がりやすいでしょう
海外輸出目的トラックやハイエースなどは20万キロ走行していても売れるので専門の業者は高値を付けることが多いです

 

☆事故歴車 修復歴車
事故車は事故の程度によりますがあまり期待できないと思ったほうがいいです
海外輸出目的にマッチする車はあまり影響受けずに高く買い取る業者も多いので輸出専門業者と商談すればOK!

 

☆カラー
色も車種や車の状態によってかなり違いが出ます。
カラーは市場の人気相場が優先になる傾向がるので新車を購入して3〜5年で
乗り継ぐならあまり変わっているカラーにしないほうが無難です。

 

☆車種の人気
人気車種や販売台数は少なくてもランエボやスカイラインGT-Rのように圧倒的なファン層がいる車はかなり古い車でも買取価格は高い
特に状態がいい車(無事故・走行が少ない)場合は高値間違いなし

 

☆排気量
大排気量の車は燃費や税金 経費面で負担が多くなる車はユーザーが敬遠しやすいため
査定価格も比率的にいうと安くなってしまう
2500CC以上になると車の任意保険が高くなるので一つの分岐点といえますね

 

如何に査定を依頼するか?愛車とまっちした買取店を出会わせるかが高価下取りの分かれ道
査定アップのカギに
ベストな買取業者を見つけたいなら無料で簡単な一括査定ズバット