査定アップしたいのに競合なしで査定なんてありえない!

査定員としては最終買い取り条件が悪くなる競合は避けたい

査定をし価格交渉をする立場にいた時のことを思い出すと競合他社がいる時は大変でした。 
ほとんど競合はいたんですが、
現在のように買取店との競合かけ引きとなることは少なく
次に購入する車の販売店や販売車種の違いによる競合でしたね

 

競合は査定アップ業者同士競ってもらえば必然的に査定アップする。

 

私も車の販売をしていたころ経験がありますが、
兎に角他社の価格がどれくらいなのか?
解ったら対応したくなりますし負けたくないんです

 

営業マンはどんなに条件がわるくなっても契約すれば成果となりますが
何十時間交渉しても契約できなければ赤点
交渉術は身についてきますけど0点なので何としても決めたいんです

 

競合がきつい中、嬉しかったのは競合させれば安くなるのは解っていても
価格だけで決めない 義理人情がある人もいましたね。
契約
「販売店のルールがあるんでしょうからこの査定価格が最高のなら
他社より10万やすくてもいいよ あなたのところで決めますよ」なんて
嬉しいお言葉をいただいた事もありましたし

 

「他社に聞くともっと安くなるかもしれないけど、
他社に換わりたくないから他社の販売条件や
査定価格は聞かない」なんて言ってくれる人もいましたね。

 

でもそう甘いことは少なく、価格で動く人がほとんどです。

 

価格競争などしないように人間関係作りをしている毎日でしたが
価格的に10万20万の開きが出たのも事実ですさすがに10万超えると厳しくなります。

 

契約後他社に奪われた経験は何度も経験しましたよ
価格や条件を聞けばあと5万上乗せするからなんて、
契約をひっくり返してしまうあこぎな商売をする販売店もあるほどです
契約前の競合なら他社に負けないよう何とか契約したいと査定アップは間違いありません

 

それに最近はネットである程度情報がわかりますし
購入する車はいつものお店で下取り車は高く買い取ってくれる
買取業者にという方も多いのではないでしょうか?

 

価格を競い合ってくれる買い取り業者を見つけることが簡単に出来る方法なら

☆無料の一括査定 満足度が高いズバットが一番!☆

競合させるときに最も重要なことは

販売店や買取業者を競合させるのにコツを掴もう

 

競合させるときに最も重要なことはなんだとおもいますか?

 

優先順位を上げさせることです。
業者が相手をするお客様はあなただけではなく色んな方と対応しているのですが
ユーザーと対応する時の会話やしぐさ対応内容によって必然的に優先順位が出来てきます。

 

ここでの優先順位はお分かりのように
少し話し込めば今すぐ決めてくれそうな人から
まだまだ考えていないが参考までに来た人や
5〜6か月先に車を換えたいと思っている人色んな方がいる中で
当然すぐに結論が出る人から順に価格交渉に力が入るのは当たり前

 

競合ポイント
査定員の優先順位をあげ査定アップさせるには!
車を手放す明確な「売りますよ」という意思と「○○日ごろには」という期日をはっきりすること
本人にはあいまいな感じは無くても査定員が長引きそうだと感じてしまったら最終的な高額査定にはたどり着くことは出来ません。

買取業者も販売店の査定員でも同じですが
このユーザーはどう思っているか探ろうとしますし
決めてもらえない人に最高の価格は提示しません。

 

・本気で買取に出そうとしているのか?
・いつごろ手放すのか?
・幾らだったら手放すのか? 
・希望価格はいくらくらいか?
・他社でも査定してもらっているのか?
・他社が出している買い取り査定はいくらくらいなのか?
・次に買おうとしている車は何か?
このすべてが知りたいのですが反応した答え次第で最高の提示価格になるのは間違いないですね。
もっとも他社の価格に及ばなければ即 撤退しますよ結果は早いということです

 

ポイント4 査定アップ出来るアピールポイント