事故歴と修復歴の違い 中古車の事故車の考え方

事故歴があっても修復歴あり・事故車と表示されない車の査定

展示場にならべるときやオークションに出品する時「事故歴あり 修復歴あり」と
表示されいくらか安くなってしまう事故車両
価格表示版

 

何処の展示場でも価格表示版が使用されていると思いますが修復歴の有無が記入されていたり車両状態チェックシートなどが設置されているお店があるというか
修復歴がある場合はどの部分が修理してあるか来店者にわかるようにしてなければいけないんです

 

事故は本当に嫌なことばかり 単独事故でも相手がいても買ったばかりの車や新車なら最悪です
相手との過失交渉は必ず満足できるとは限りません。
事故車となれば査定価格にも影響しますが、現在では事故落ち(格落ち)は相手や保険会社に請求してもなかなか難しい状況です

 

車を査定士が見た場合実際に事故を起こしているのに修復歴車とならない場合もあって
車を展示販売する場合も「事故歴あり 修復歴あり」など表示もしません

 

業者が事故車と(修復歴あり)言う車はどんな事故なのかというと車のフレームを修理しいている車の場合なのです

 

 

バンパーをぶつけ交換しただけとか、ドアに凹みが出来たので板金塗装したことがあっても事故歴はあっても修復歴車とはならないのでこのような場合は査定時に傷がなければ
減点はされませんし「修復歴あり・事故車」と表示されない車になります

 

境界線が微妙な場合査定士の見方によっての影響は査定価格に大きな開きとなってしまいます。
いくらプロの査定士でも事故歴を発見できないケースもあり車を修理した覚えのある人や中古車で購入した人は特に注意が必要で
評価次第では30万円以上査定額が開いても不思議なことではないので複数の業者で査定を受けないと損することも十分考えられますよ

 

 

事故車・不動車でも高価で買い取る業者を見つけないと損するよ

事故車であっても高価買取をしてくれる事故車専門の買い取り業者もいます

 

車の事故といっても車の損害状況で迷う場合があります
・修理するより買い替えが必要なくらいの損害
・修理して乗りたいなというくらいの損害
・修理しようか買い替えようか迷うくらいの損害
・車が事故したここで動かせない(動かない)大破している損害
・水害や転落事故により水没し修理金額が多くかかる損害
・損害内容より買ったばかりでぶつけられ弁償してほしい場合
状況は個々違いますがあきらめず事故車・不動車でも
高価で買い取る業者を見つけないと損をします

 

修理技術も向上しているので修理すればトラブルなどなく乗れますが
修理前に買取者に査定依頼してからでも遅くはないということです。
損害状況からみて「解体だなぁ」と自分で思っても
買い取り業者にすればお宝ということもあるのです。

 

だから絶対に修理前に買い取り業者の査定額を聞いて修理するか売却するか決めるのがいいと思います

 

修理するか、代替するかの判断に役立ちます
・事故現状のまま買い取ってもらうと幾らになるのか?
・事故した車が使用し始めて何年たっているのか?
・経過年式は何年か?
・代替する中古車相場は幾らくらいか?新車はいくらか?
損害額を考えたら修理する価値がある車なのか?その他考慮したいことがあってもとりあえず事故車買取専門業者に買取価格を出してもらうことをお勧めします。